人の名に使う漢字の読み方

日本人の名前に使える漢字(常用漢字と人名用漢字)の意味や読み方などを紹介

■【弘】

〈音〉コウ、グ
〈訓〉ひろい、おおきい

人名読み:お、ひろ、ひろし、ひろむ、みつ

〈分類〉
人名用漢字

〈部首〉
ゆみへん(弓)2画(総画数5画)

〈構成〉
弓+ム 

〈解字〉
会意形声。弓+ム(こう/肱・ひじ)→ひじを広げて弓を曲げて弦を引き絞る。
または象形。握る部分にひもを巻き付けて、強く引き絞れる弓。
借りて「ひろい」の意味。


続きを読む

■【昌】

〈音〉ショウ
〈訓〉さかん

人名読み:あき、あきら、あつ、さかえ、さかん、すけ、
     まさ、まさし、まさる、ます、よ、よし

〈分類〉
人名用漢字

〈部首〉
ひ(日)4画(総画数8画)

〈構成〉
日+日 

〈解字〉
会意。日を二つ重ねて、日の光の明るいこと。
ひいて、広く物事が「さかん」の意味に用いる。


続きを読む

■【奈】

〈音〉ナ、ダイ、タイ、ナイ
〈訓〉いかん、なんぞ

〈分類〉
常用漢字
※1951年~ 人名用漢字
※2010年~ 常用漢字

〈部首〉
だい(大)5画(総画数8画)

〈構成〉
大+示 

〈解字〉漢字の成り立ち
形成。木(植物)+示(音をあらわす。シ→ダイに変化)。
本字は「奈」の(大)が(木)の形。読みは「ダイ」。
果樹の名前。からなし(リンゴの一種)。
かりて、疑問詞に用いる。


続きを読む

このページのトップヘ